人生の悩み人間関係

人を見下してしまうのはなぜ?原因や改善方法は?接し方もうまく交わすのが得意な筆者が紹介します

人を見下す人は何かとマウンティングを取る傾向があります。あなたが人を見下すのをやめたい時や、誰かに見下されるのが嫌だと感じる時もあるでしょう。そんな時はなぜ人をバカにしたような態度をとってしまうのかという深層心理が気になります。人を見下す原因を探ることで改善方法が見つかりますよ。ここでは周囲にマウントをとる意味などを理解しましょう。今回は見下す人を理解することでうまく付き合える方法を、マウントとる人をコントロールした筆者がご紹介します。
特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザーが徹底調査!電話占い3サイトを使ってみた結果…
記事を読む

人を見下す原因とは?

image by iStockphoto

人を見下す時には必ず意味があります。稀に無意識のうちに人を見下している人もいますが、その人は長年身についてしまっているのです。しかし、どのような人でもマウントとるのには理由があるので、深層心理を探ってみましょう。

その1.他人の価値を下げて自分を評価したい

他人をバカにすることで、自己顕示欲を高められると思っています。相手よりも自分が優位に立ちたいと思っており、プライドがとても高いのです。さらに自分が相手の立場が逆転されそうになった時にも人を見下します。どうしてもライバルに負けたくない気持ちが強くなり、あえて見下すような態度をとってマウントしてしまうのです。特に、嫉妬心が芽生えれば芽生えるほど人を見下しやすくなります。

その2.自分以外は本当に馬鹿だと思っている

自己肯定感が強すぎて、他人が馬鹿に見えてしまう傾向があります。特に学校などでも常に一位の成績を収めている人にありがちです。ネガティブな感情はなく、いつも周囲に自慢ばかり話しているタイプ。自分が何一つ悪くないと思っているため、周りの意見に耳を貸すこともありません。常に教える立場にあると考えてしまう人です。

その3.ストレスが溜まっている

image by iStockphoto

ストレスが溜まって周囲が幸せそうにしているのが耐えられない人もいます。そのため周りを馬鹿にして自分と同じ位置に引き下げようとするのです。ネガティブな感情から周囲に対して当たり、ストレス発散しています。特に成功している人と比較し、自分が無能だと思い込んでしまうことも。そしてあえてプライドを守るために人を見下すのでしょう。このようなタイプは周囲からの評価が気になってしまい、他人を見下すことで自分を高めようとしてしまいます。

その4.誰も評価してくれないから

自分は価値のある人間だと思っているのに対し、周囲が誰も認めようとしないことに対して苛立ちを感じている人が多いです。誰も認めてくれる人がいないため、自分で他人にマウントをとってしまいます。 しかし、マウントをとればとるほど周囲がどんどん離れていき、孤独になってしまうでしょう。自分自身を評価する術を持っていない人に多く見られる特徴です。

人を見下す人の特徴

image by iStockphoto

人を見下すタイプを知ることで、どのように対処すれば良いのかが出てきます。自分を成長させるためにも、見下す人の特徴を知ってうまく回避するようにしましょう。

その1.気持ちにゆとりがない

心に余裕がないと相手の気持ちを考えることができません。そのため人を見下す行為に対して何とも思わないのです。自分自身がいっぱいいっぱいになり、感情をコントロールできなくなっています。常に相手の優位に立ちたいことばかりを考えてしまうので、自分がいかに上に立てるか分かりを気にしてしまうのでしょう。 また失敗を恐れるがゆえに、相手の足を引っ張ろうと考えます。

特集はじめての電話占いにおすすめのサイト、ヘビーユーザーが実際に検証
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: