人生の悩み人間関係

話が長い人に共通する特徴とその理由は?角を立てずに対処する4つの方法を10社以上渡り歩いた筆者が解説

会議などで人の話を集中して聞いていられるのは約1分半。3分も経てばもう限界だそうです。それ以上の話は頭に入りにくく、理解も追いつかなくなります。2021年東京オリンピックの開会式で話題になった、バッハ会長のスピーチは実に13分もありました。最後まで真剣に耳を傾けた人はほとんどいなかったでしょう。
長い話を聞くのはとても疲れますよね。話が長い人に共通する特徴やその理由を探っていきます。やんわりと角を立てずに対処する方法も、10社以上渡り歩いて様々な人と出会った筆者が解説します。
特集【実際に検証】電話占い3サイト、占い好きライターが自腹で電話してみた
記事を読む

話が長い人に共通する特徴とは

image by iStockphoto

「あれ、この話いつ終わるんだろう?」人の話を聞きながら、ふと意識が遠のく瞬間。だらだらと続く話は要点がわからず、道筋を見失いますよね。なぜかいつも話が長引く人がいますが、その特徴にはどのようなものがあるかをご紹介します。

その1. 1から10まで全部話す

例えば「昨日のドラマおもしろかったよ」と言う人がいれば、どんな内容か尋ねるでしょう。普通はあらすじや見どころを教えてくれるのですが、冒頭のシーンから何が起こったかを順番に全て話してしまうのです。それではどこが大事なシーンなのかわかりません。話に盛り上がりがなく、聞いていても内容を憶えていられませんよね。

その2. 自分に酔っている

自分の話を人が聞いてくれている状況が心地よく、酔いしれているのです。自分の声の抑揚や大きさ、表情などに気を取られ、相手の様子は見えていません。話をする機会に浮かれているのでしょうか、このターンを人に渡したくないために、できるだけ長く話していたいのです。

その3. オチや結論のない話を延々とする

長い話には山場もオチも、着地点もありません。聞いている方は集中力も途切れ、早いところ結論を聞かせて欲しいと思っているのですが、残念ながら求める結論はないのです。話している本人はとても楽しそうですが、聞かされている方はどう反応していいかわからなくなります。

その4. 構って欲しい、寂しい

会話が途切れたらもうこの場が終わってしまうという状況では、終わらせたくないために話し続ける人もいます。友達との食事の場など、そろそろ帰ろうかという空気になると途端に話し始める人がこのタイプです。話し続ける限りは相手をしてもらえるので、寂しがりやの人はいつまでも話をしてしまいます。

その5. 相手のことを考えていない

image by iStockphoto

話をするときには、必ず話す相手がいるはずです。話を聞いてもらうのですから、相手のことも考えるべき。でも話の長い人は相手の反応などお構いなしに、いつまでも話をしています。というのも自分が話しているときの主役は自分であり、相手は聴衆の一人と思っているから。聞いてもらうというよりは、聞かせてやっている感覚でしょうか。

なぜ話が長くなるの?5つの理由

話が長くなる理由はなんでしょうか。話を長引かせたい、いつまでも話していたいと思っている人も中にはいるでしょうが、そんなつもりはなくても長くなってしまう人もいます。理由によって対処法も変わってきますので、話が長くなってしまう理由や原因を分析していきましょう。

特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザー、電話占い3サイトに実際に電話して徹底検証!
記事を読む
次のページを読む
1 2 3 4
Share: