スピリチュアル死について見えない力

余命宣告されたらどうする?あなたがやるべき3つのことや家族の3つの対応の仕方をスピリチュアルな世界に詳しい筆者が解説!

「余命宣告」を受けるということは自分の寿命の将来がある程度はっきりとしてきたということ。その原因がどのようなものであるにしろとてもショックを受けてしまうことでしょう。余命宣告をされたとき、どうすべきかを決めるのはあなた次第。ここでは余命宣告の意味とあなたがやるべき3つのことと家族の対応についてスピリチュアルな世界に詳しい筆者が解説しましょう。
特集【実際に検証】電話占い3サイト、占い好きライターが自腹で電話してみた
記事を読む

余命宣告とは?

image by iStockphoto

余命宣告の意味はあなたがあとどのくらい生きることができるのかという期間をしめされること。かなりショッキングな宣告を受けることになりますが、ここでは余命宣告の本来の意味とどのように余命を算出しているかについて解説しましょう。

余命宣告の意味

余命という言葉はかなり衝撃的ですが、私たちが考える余命とは「自分に残された人生そして期間のこと」といえるでしょう。あなたが生きることができる時間が余命というわけです。

ここで知っておくべきことは医師があなたに告げる余命宣告とはあなたに残された命の目安。宣告された期間より残された時間が短いことも長いこともあります。医療が進歩したら病気が快復することも考えられるのです。

実際の余命は個人差がとても大きく、余命宣告されたからといって必ずその通りになるとは限らないということですよ。

余命宣告の算定方法とは?

医師が私たちに告知している「余命宣告」。この余命宣告は統計学上の中間値であることを知っていますか?医師は、病気の種類や進行状況に合わせた生存率のデータなどを多く持っていますよね。医師が告げる余命宣告とは、さまざまなデータを基にして個々の医師が判断するもの。

あくまでも余命の目安なので「あと半年」と告げられたとしても同じ病気で同じ症状の人の半数が半年間生存していたというデータから医師が導き出しただけということになります。つまり医師から「余命半年」といわれたとしてもあと半年しか生きられないというわけではないのですよ。あなたや家族、医療のチームワークで半年以上生きる可能性があることを知っておきましょう。

余命宣告を受けたらあなたがやるべきこと3つ

image by iStockphoto

医師から余命宣告を受けると誰でも大きな衝撃を受けてしまいます。何もする気力が起こらないかもしれません。しかしもしかしたらあと少ししかない時間を有効に使うことも大切といえるでしょう。ここではあなたが自分自身でやっておくべき3つのことについて解説しましょう。

余命宣告をしっかり受け止めることが大切

まずはあなた自身が「余命宣告」の内容をしっかりと受け止めることが大切。あなた自身が落ち着きすべてを受け止めることができなければ周囲の人たちは困惑してしまうでしょう。

もちろん泣いても誰かにつらい気持ちを吐露しても大丈夫。最近ではメンタルサポートが充実している病院もあるので話を聞いてもらうことも大切ですね。とても難しいことではありますが、まずはあなた自身が思いっきり感情を発散させたりすることで心の落ち着きを取り戻すことが重要といえるでしょう。

今自分自身はなにをしたいのかを考える

image by iStockphoto

余命宣告を受けた後、しばらくは何もする気が起こらないかもしれません。ある程度心の整理をつけることができたら、「今、自分が本当にやりたいこと」を考えてみましょう。ノートやブログなどに自分のやりたいことを書き出すことでこれから自分がやるべきことが見えてくるかもしれません。映画の題材にもなりましたが、自分のやりたいことをひとつでも多く実現しようとする前向きな気持ちがとても大切といえますよね。

家族のために遺言書を準備する

あなたが余命宣告を受けたとき、まだ遺言書を作成していなければできるだけ早く遺言書を作っておきましょう。あなたがもしものとき、残された家族が途方にくれないようにあなたの気持ちを遺言書の中に書いておくことはとても大切なことです。

とくに遺産に関することは家族が崩壊してしまう可能性があるほど大切な問題。しっかりとあなたの気持ちを伝えるようにしましょう。また遺言書の作成にあたってあなたと家族が一緒に話し合うことができることが理想といえます。

特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザー、電話占い3サイトに実際に電話して徹底検証!
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: