スピリチュアル見えない力

思いの力とは?良い感情を持続させる5つの方法や願いを叶えるための姿勢をスピリチュアル好きな筆者が紹介!

思いの力とはスピリチュアル的にどんなことを意味するのでしょうか?ポジティブな思考とネガティブな思考ではその後の人生が多く違ってきます。そこで心がわくわくしてくるような気持ちを具現化していくプロセスについてスピリチュアル好きな筆者が解説します。
特集【実際に検証】電話占い3サイト、占い好きライターが自腹で電話してみた
記事を読む

思いの力とは?

image by iStockphoto

目標や夢を叶えたいと思う時、とても強いエネルギーが働きます。その時の気分がとても心地よくて力強いものです。その力が現実を引き寄せるということになります。思いが無意識の部分に強力に働くとより引き寄せる力はアップしていくのです。

エネルギーの強さ

エネルギーの強さとは思いの強さです。例えば、世界陸上に出場している選手をみて自分もこうなりたいと思った時の感情を持続させることで思いは叶いやすくなります。陸上選手になりたいと思った時のわくわくする感じが現実化していくのです。

波動の高さ

波動が高いということは、常に穏やかで気持ちが良く心が満たされている状態です。しかし、叶う段階でネガティブな思考を抱いてしまうと波動が下がりネガティブな状態の姿が未来に反映していきます。強い思いはより具体的なものに変わっていくので強い気持ちを持続させることはとても大切なことになりますね。

思いの力はとても強い?

思いの力とは、本当に強いということが理解できるのではないでしょうか?ネガティブな感情を持っていると本当にその低い波動のまま未来を引き寄せていることになります。いつまでたってもその循環から脱出できないということになるのです。しかし、ネガティブな渦の中にいるのも自分で選択したからこそ、実現化したと言えるのですね。だから、どんな気持ちを抱いているかで未来は変わってくるのです。

心地よい思いを持続させるには?5つの方法

image by iStockphoto

良い感情とは、心地よいことや楽しい状態です。その感情を持続させていくには気がついた時にはやってしまっていたという意識にある時。『しなくてはならない』『これをやらなきゃだめ』という義務のようになってしまうと、心地よい状態とはほど遠い状態になります。しなくてはいけないという感情の裏には『やりたくないのに』という気持ちが隠れていることに気がつきましょう。

今何を感じているかによってその感情が実現化していきます。どんなことを思っているかによって、未来を創造していくことができるのです。ここでは、ポイントなどを説明していきます。

#1 ネガティブな思考は持たない

自分の可能性を落とすような言葉を発したりすることでそう思ったとおりのことが自分の目の前で起こります。『自分はダメだ』などという感情にいるとそういった現実がやってくるだけなので自分を信頼してネガティブな思考は持たないようにしましょう。ネガティブな思いは、底なし沼のようにどんどんと深みにはまっていくのでネガティブ思考は手放しましょう。

#2 心地よい状態を作る

image by iStockphoto

心地よい状態を作るには、自分自身が好きなことをすることに尽きます。好きな映画をみたり、好きなものを食べたり飲んだりすることだけでも気持ちがほっこりしてきますね。自分の好きなことをしている時間は満足なので心地よい状態でいることができます。このような状態は波動がとても高い状態にあるので行動力が出てきて良い循環の流れを作ることができるのです。あなただけのフィールドができてきて、ストレスやさまざまな問題にぶつかっても気分が落ちる事は減少していきます。

 

特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザー、電話占い3サイトに実際に電話して徹底検証!
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: