スピリチュアル見えない力

第六感は鍛えられる?5つの鍛え方・第六感の強い人の特徴3選などスピリチュアル好きな筆者が解説!

第六感は何もしなければ、そのままあなたの中で開花せずに終わってしまいます。第六感は人が持って生まれた五感にはない直感力のこと。第三の目(サードアイ)とも言われており、科学では解明されていないことがほとんどです。ですが第六感を鍛えることができ、あなたの中で眠っていた直感力を引き出す方法があります。そこで今回はまだ開花されていない第六感の鍛え方を、直感力の優れた筆者が説明していくので参考にしてくださいね。
特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザーが徹底調査!電話占い3サイトを使ってみた結果…
記事を読む

第六感が開花しやすいのは女性?

image by iStockphoto

第六感というのはざっくりいうと、直感力のことです。霊感が強い人も第六感が開花している人と言えます。中でも女性は勘が鋭いというわれていますが、それは第六感が開きやすいからです。昔から巫女やシャーマンは女性だったということも、この第六感が備わっていたからだと言われています。

もともと女性のほうが男性よりも脳内の脳梁という部分が発達しており、嗅覚や言語能力に長けているからです。脳梁が発達すると情報処理が素早くでき、少しの変化でも感じ取れます。もちろん個人差はありますが、男女と比較するとこのような違いが研究結果で発表されました。

第六感は鍛えないと消えていく

image by iStockphoto

赤ちゃんは何も情報が入っていない状態でこの世に産み落とされます。人間は生まれた瞬間は第六感がすでに開花した状態です。ですが、徐々に余計なモノや情報が入ってきすぎて、頭で考えることをしなくなってしまいます。さらに現代社会は便利すぎる世の中になり、ネットで調べ物をすれば簡単に手に入るのです。

この便利さが五感だけでも十分だと脳が判断して、第六感を閉じさせてしまいます。しかも五感でさえも感覚が鈍ってしまうことになりかねません。そうなると文明が発達していない国ほど、第六感が鍛えられるのは明らかですね。

第六感を鍛える5つの方法

image by iStockphoto

誰にでも第六感というものがあるので、鍛え方さえ知っておけばまだ間に合います。第六感を開花させてあなた自身、明るい将来のために役立てませんか?ここではどのように行動すれば良いのかをみていきましょう。

その1.五感を常に研ぎ澄ましておく

五感も鈍くなりがちな現代社会ですが、全てのことを肌で感じ取る感覚を身につける必要があります。五感も意識的に感じていないと鈍ってしまうので、食べ物を食べたときや、コーヒーの匂いがどう感じたのかなど考える癖をつけてください。

また、朝に小鳥のさえずりを聞いたり、風を感じたりと、なるべく自然な状態でいられるようにしましょう。五感の状態がバランス良くなれば、第六感も次第に現れてきますよ。

その2.情報ばかりを頼りにしない

すぐに情報をネットで調べる作業は時間短縮になりますが、そればかり行っていると頭が鈍ってしまいます。人間というものは実際に経験しないと感じないものです。できるだけいろいろ経験して、インスピレーションを受ける鍛え方にチェンジしてみてください。

すでに頭で考えてばかりの世代になりつつあるので、積極的に活動するようにしましょう。頭で考えるよりも、「実際に動くことで解決することもある」ということを経験することが大事です。

特集はじめての電話占いにおすすめのサイト、ヘビーユーザーが実際に検証
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: