人生の悩み人間関係

職場のコミュニケーションは必要?人間関係に悩んだ著者が苦手意識を克服し対処した4つの方法を解説

あなたは職場のコミュニケーションを大切にしていますか?
仕事を円滑に進めるためにはコミュニケーション能力が必要とよく言われますが、その能力はどのように向上させれば良いのでしょうか?
ビジネスの社会では、「話す」「聞く」という基本を怠ると、相手に自分の意思が伝わったかどうか不安になり、自分の持っている力を発揮できないでしょう。
著者も人間関係の構築に苦労しましたが、その中でも特に効果があった対処方法をお伝えしますので、仕事に役立ててください。
特集【実際に検証】電話占い3サイト、占い好きライターが自腹で電話してみた
記事を読む

コミュニケーションは生きるために必要

image by iStockphoto

コミュニケーションは職場でも家庭でも必ず必要ですが、案外、人と話す、人の話を聞くといった対話が苦手で、生きずらさを感じている社会人も少なからず存在します。

コミュニケーションの取り方を知らないため、主体性がなくなり、職場が息苦しくなり、孤立する可能性もあるため、コミュニケーションの基本について知っていただき、自分を変えていくことが必要です。

その1.そもそもコミュニケーションとは?

コミュニケーションとは、自らの意思を伝えるため「話す」、相手の意見を「聞く」ことで、納得してもらい相手を動かす目的に行う手段を言います。

その手段を取ることで、お互いが理想とする結論に導き達成することを目的としているため、ビジネスマンの基本といえるでしょう。

その2.コミュニケーションの取り方

コミュニケーションは、相手と「対面で話す、聞く」ことが基本ですが、場合によっては電話や電子メール、オンラインなどのツールを活用し、意思疎通を図る場合もあります。

注意すべきことは、「話したから相手に伝わっている」という感覚に陥らず、話す時は「ゆっくり丁寧に」「簡単に結論から話す」「伝わった時のお礼」聞く時は「時には頷く」「相手の話は最後まで聞く」がマナーです。

その3.コミュニケーション力を上げるには?

コミュニケーション力を向上させるには会話のマナーを忘れないことが最も大切ですが、身振り手振りを交えることや視線にも気をつける必要があります。

また、職場のコミュニケーション力が高そうな人の対応を見て、自分と比較し、不足している能力を見つけ実践していくことが必要です。

その4.コミュニケーション力の高い人の特徴

コミュニケーション力の高い人は、自分を主張するだけでなく、相手を「知る努力」「和ます」相手の「性格を理解」「情報を得る」相手に「共感」など相手に興味を示して会話を成立させます。

特にビジネスマンは、相手を観察、意識し、聞き取り、疑問点を解消しながら、お互いが理想とする到達地点に向けて協力を得るという心構えも必要です。

コミュニケーションが苦手な人の特徴

image by iStockphoto

コミュニケーションが苦手な人は、話す速度が速く、相手の話を聞く姿勢を持たないなど自分を中心とした会話で済ませることがあります。

その人の特徴は4つあり、その根本は、自分が話すことに一生懸命で相手への気遣いを忘れているなど、会話が空回りしていることに気づかず、相手を混乱させているのです。

その1.プライドが高い

自分の方が立場が上といういわゆる「上から目線」の態度では、相手は身構えてしまい、仕事を押し付けられる形となり、不満が残ります。

仕事を依頼する立場を忘れて会話をするため、協調性がなく、仕事が思い通りにはかどりません。

特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザー、電話占い3サイトに実際に電話して徹底検証!
記事を読む
次のページを読む
1 2 3 4
Share: