人生の悩み家族

共働き夫婦が抱えがちな悩みとは?子育ての両立のコツ6選と共働きのメリット・デメリットも実際に悩んだ筆者が紹介

世の中の共働き家庭のみなさん、毎日おつかれさまです。子育てしながら仕事と両立をしていくのって本当に大変ですよね。平日も休日も目の前のことに追われて毎日を過ごしていると両立について悩むことも多いのではないでしょうか。現在2児の母親で、2度の育児休暇から職場復帰して子育てと仕事を両立しようと奮闘した筆者が、共働きの悩みや両立させるコツを紹介していきたいと思います。
特集【実際に検証】電話占い3サイト、占い好きライターが自腹で電話してみた
記事を読む

共働きしながらの子育て、どんな悩みがある?

image by iStockphoto

共働きの家庭は多くの悩みを抱えています。具体的にどんな悩みがあるのか、両立するにはどんなコツがあるのか見ていきましょう。

その1.家事育児の負担がママばかりに行く

image by iStockphoto

男性の育休取得が推進されたり、家事育児に参加する男性が増えてきたとはいえ、まだまだ家事育児に関して女性主体のスタイルになりがちです。毎日の育児だけでも疲弊するのに、「名もなき家事」と言われる多くのタスクが降り注ぐことになってしまいママは大きな負担を抱えることとなってしまいます。

「名もなき家事」とは?

家事のうち、「掃除」「洗濯」「料理」のように具体的な名称のない作業のこと。ゴミの分別、脱ぎっぱなしの服の片付け、トイレットペーパーの補充といった細々とした作業を指す。

(出典:コトバンク「名もなき家事」)

その2.家庭内での人手不足

パパも家族のために仕事を頑張ってくれているため残業があったり抜けられないミーティングがあったりして家事育児に参加してほしい時にすぐに参加してもらえません。仕事で疲れた夫に家事育児を頼みづらいので結局自分で抱え込んでしまう、というママも…。実家の親も高齢だったり、仕事をしていたりとすぐには来てもらえない家庭が多いです。

市のファミリーサポートを利用しようにも子供が小さすぎて泣いてしまい、双方負担が大きすぎてすぐには使えないことも。すぐに安心して家事育児をバトンタッチできる存在って、少ないんですよね。

その3.スケジュール通りにいかない

子育ては「こんなはずじゃなかった」の連続。せっかく作ったご飯も食べようとしない、お風呂に入れようにも「ヤダー」と逃げ回わる、夜も疲れているはずなのになかなか寝てくれない…。ただ生活するだけなのにスケジュール通りに事が運びません。

加えて熱を出したり、湿疹が出たり結膜炎になったりと突発的に病院の予定が入ることも日常茶飯事。ただでさえ毎日カツカツのスケジュールなのに、思い通りにこなせずにイライラしてしまうことが多いです。

その4.職場での孤独感が強まる

家事育児との両立のため、時短勤務等で出産を機に勤務形態を変えている方も多いと思います。そうなるとフルタイムでバリバリとメインで働く人たちとは同じ仕事が出来なかったり、勤務時間が短かく会話する機会も減ることで孤独感を感じがちに…。飲み会にも参加できなかったり、気を使われて呼ばれることも少なくなるためさらにコミュニケーションをとる機会も減ってしまいます。

加えて子供の体調不良で急に仕事を引き継いで早退することもあるため、職場に対して申し訳ない気持ちになってしまうのです。

その5.家にいるのに休めない

独身の頃は仕事が終わって家に帰ればのんびり自分のペースで夕飯を食べ、疲れを癒すための自分時間を過ごすことが出来ました。疲れたり体調が良くないときは休日家でのんびり過ごしたり、ずっと寝ていることも出来ました。しかし、共働きの子育て家庭になると家にいても家族がいるので生活のために家事に追われて時間が過ぎていき気が付くと平日も休日も常に子供の世話に追われています。

特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザー、電話占い3サイトに実際に電話して徹底検証!
記事を読む
次のページを読む
1 2 3 4
Share: