人生の悩み人間関係

プライドが高い人に共通する7つの特徴!その心理と原因・上手な接し方を10社以上渡り歩いた筆者が解説します

職場などにいる、「プライドが高い人」を思い浮かべてみてください。あるいは、なんとなくとっつきにくいと感じる人はいますか?「あの人とは会話が弾まない」「なんかバカにされている気がする」と感じる相手。その人は、プライドが高い人かもしれません。うまく接することができずに悩んでいるなら、この記事を読んでみてください。プライドが高い人の特徴や心理を知って上手につきあう方法を、10社以上渡り歩いた筆者が解説します。
特集【実際に検証】電話占い3サイト、占い好きライターが自腹で電話してみた
記事を読む

プライドが高い人の特徴7選

image by iStockphoto

プライドが高い人の特徴を7つご紹介します。きっと、「あるある」とうなずくことでしょう。特徴や共通点を知ると、「そうか、あの人はプライドが高いからあんな態度を取るんだ」と納得できるはずです。

職場で感じるやりにくさは、プライドが高いあの人が原因かもしれません。まずはその特徴を知るところから始めてください。

特徴1. 負けず嫌い

負けず嫌いであること自体は、悪いことではありません。負けないために努力する人のことを負けず嫌いと言いますが、プライドが高いだけの負けず嫌いは少し違います。

自分が負けるはずがない、負けた原因は自分にはない、ルールがおかしい、環境が悪い、などと言って、自分とは別のところに敗因を見出す人。プライドが邪魔をして負けを素直に認められない人が、とても厄介な負けず嫌いです。

特徴2. 自分が正しいという思い込み

自分が正しいのだから、自分の意見が通るのが当然だと思っています。融通がきかず、他の人の意見を受け入れることができません。妥協点や折衷案を探ろうともせず、自分の言うとおりにしておけば間違いない、と強く主張してきます。

「それは違うと思います」と意見を言おうものなら、「きみは何もわかってない」などと子どもを諭すように説き伏せて、対等な立場でものを言うことができません。

特徴3. 自己肯定感が高い

image by iStockphoto

自己肯定感には「絶対的自己肯定感」と、「社会的自己肯定感」があります。プライドの高い人が持つのは社会的自己肯定感の方。会社での地位や実績、立場など、周りと比較して自分が優れているという相対的評価です。それを自慢してくる人もいます。

他者と比較せず、自分の価値は自分で決める、というのが絶対的自己肯定感です。こちらを持っている人は、へたなプライドにはとらわれません。

特徴4. 人に頼るのが苦手

人に頼ったり、甘えたりするのが苦手で、一人で抱え込んでしまう傾向があります。プライドの高い人は自分でなんでもこなしたく、思い通りにしたいのです。でも、一人でできることって限界がありますよね。キャパオーバーになってしまっても人に頼れない人は、そのうちに誰からも助けてもらえなくなります。

甘えて楽になってしまえばいいのですが、それができないのがプライドの高い人の特徴です。少しかわいそうにも見えてきます。

特徴5. 冗談が通じない

自分の気に入らない冗談には決して笑いません。どこか周りを見下したところがあるため、冗談を低俗なものと思っているところがあります。あるいは自分が知らない話題や冗談について、知らないことを認めたくないために「くだらない」と切り捨ててしまうのでしょう。

そのくせ、自分は冗談を言うことがあります。その冗談が笑えないものであっても、周りが笑わないことを「この冗談が理解できないのだ」と判断し、見下してくるのです。

特徴6. いじられるのが苦手

image by iStockphoto

自分がいじられる、からかわれることを嫌います。『いじられる=自分を下に見られる』ことが許せません。「誰に向かって口きいてんだ」という気持ちがあるので、どう反応したらいいかわからず不機嫌になります。うまく交わすこともできず、気まずい空気になるでしょう。

プライドが高いと周りに思われている人を、下手にいじらない方がよさそうです。

特集はじめての電話占いにおすすめのサイト、ヘビーユーザーが実際に検証
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: