スピリチュアル見えない力

狐のスピリチュアルな11個の意味とは?神の使い・霊力を持つ生き物・人を化かす生き物などヒーリング経験のある筆者が解説

狐は古くから、特別な霊力を持っていると考えられてきました。豊穣をもたらしてくれる、神の使いとされています。神話や昔話しに多く登場する、縁起のよい生き物なのです。神聖な生き物とされていますが、人を化かすこともある不思議な存在ともされています。

狐のスピリチュアルな意味とは、どのようなものがあるのでしょうか?11個の意味を、ヒーリング経験のある筆者が解説します。
特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザーが徹底調査!電話占い3サイトを使ってみた結果…
記事を読む

狐のスピリチュアルな11個の意味

image by iStockphoto

狐の言い伝えに登場する話しや習性が、スピリチュアルな意味と結びついているのです。11個の意味を、ご紹介していきます。

1:お稲荷様の使い

狐は五穀豊穣・商売繁盛の神である、お稲荷様(稲荷大明神)の使いとされています。稲荷神社のご祭神は、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)です。

宇迦之御魂神の「宇迦」は、穀物・食物を意味しています。「稲に宿る神秘な霊」という意味を持った、農耕の神なのです。山では五穀豊穣・海では大漁・都市では商売繁盛をもたらしてくれる神とされています。繁栄という意味を、柔軟に発展させてきた神なのです。

2:田の神・山の神

農耕の神の使いである狐は、田の神・山の神として信仰されてきた生き物です。田畑の作物を荒らすネズミを退治してくれることから、豊穣をもたらしてくれる生き物と考えられました。毛は稲穂の色、尻尾は稲穂の形をしています。また日本神話には、神の使いを受けて稲の種を蒔いたともあるのです。

豊穣がもたらされることは、生活も豊かになることを表します。豊穣という意味が金運と関係し「金運上昇」を告げる生き物とされているのです。

3:白・黒・金・銀の狐

image by iStockphoto

白い生き物は、神聖な生き物と考えられ「神の使い」とされています。稲荷神社に祀られているのも、白い色の狐なのです。白は高貴さを表し、闇を照らす光のシンボルでもあります。白は、神聖であることを表す色なのです。

白以外にも黒・金・銀の狐が、特別な狐とされて言い伝えられています。黒い毛並みをしたものは「北斗七星」の化身といわれている狐です。世の中が平和な時に現れるといわれ「平和」のシンボルにもなっています。金と銀の毛並みをしたものは、2つで1つの意味を持っている狐です。金と銀は「陽と陰」を表し、金は「日」銀は「月」をシンボルにした妖狐といわれています。

4:霊力を持つ生き物

狐は、雨を降らせる霊力を持っていると考えられています。天気雨は狐の霊力によるものと考えられ「狐の嫁入り」とも呼ばれているのです。狐は夕暮れと夜明けになると、活発に行動します。夕暮れと夜明けは、霊界とこの世界が交わる時間といわれているのです。霊界と交わる時間に行動することから、自然に関する霊力を持っていると考えられています。

また狐は森林と陸地の境に住んでおり、精霊の住む自然界と時空の境界に深く関係しているのです。精霊の住む、特別な領域に導く生き物といわれています。

5:人を化かす生き物

昔話しに登場する狐は、人を化かして騙すいたずら好きとして描かれています。人を化かすというイメージは、中国から伝わった話しからきているようです。

中国で狐は五十年生きると女に、百年生きると美女や巫女に変身できるといわれています。さらに千年生きると「天狐」と呼ばれる、神獣になるといわれているのです。天狐は金色の毛と9本の尻尾を持ち、霊力を身に付けています。人に化ける霊力を持つことから、人を化かす生き物と考えられました。

6:狐憑き

「狐憑き」は、日本各地に言い伝えられている現象です。狐の霊に取り憑かれると、精神を乱した状態になるといわれています。狐の霊といっても野生の狐ではなく、妖怪の1種が憑いて人をおかしくさせるのです。またお稲荷様を粗末に扱うと、憑かれるなどともいわれています。

他にも狐が守護霊として家系に伝わっている場合も、狐憑きというそうです。「狐筋」「狐持ち」などとも、呼ばれています。狐の憑いている家は、裕福な家が多かったそうです。狐が崇拝されて信仰の対象であったことから発生し、言い伝えられたといわれています。

特集はじめての電話占いにおすすめのサイト、ヘビーユーザーが実際に検証
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: