人生の悩み恋愛

彼氏と喧嘩したときの仲直り方法&NG行動5選!いろんな恋愛をしてきた筆者が徹底解説

どんなに仲の良い恋人同士でも、時には喧嘩をしてしまうものです。早く仲直りをしたいと思っても、お互い素直になれなかったり、意地を張ってしまったりすることもありますよね。ふとした一言が、さらに相手の神経を逆なでしてしまうこともあります。

そんなふうに喧嘩が泥沼化するのを避けて、少しでも早く仲良しの2人に戻るためには、どう行動したら良いのでしょうか。この記事では仲直り方法とNG行動をそれぞれ5選、ご紹介します。
特集【実際に検証】電話占い3サイト、占い好きライターが自腹で電話してみた
記事を読む

彼氏と喧嘩したときの仲直り方法5選

image by iStockphoto

「大好きな彼氏と喧嘩してしまった…仲直りしたいけど、どうふるまえばいいのか分からない」「仲直りしたいと思ってるのに、つい意地を張ってしまう」そんなあなたへ、仲直りするのにオススメの方法を5つご紹介します。

その1.素直に謝る

男性は、素直な女性に惹かれます。あなたに否があるのならば、素直に「ごめんなさい」を言いましょう。もちろん、あなたが悪くない場合はまた話が変わってきますが。

喧嘩の後につい意地を張ってしまうという経験は、私も何度もしているので気持ちは分かります。でも、意地を張っていても何ひとつ良いことはないんですよね。自分が悪かったな、と思えるならば、素直に謝ってしまいましょう。スッキリしますよ。

その2.納得できるまで話し合う

喧嘩の原因によっては、2人が納得できるまでとことん話し合ったほうが良い場合もあります。考え方に根本的なズレがある場合などは、お互いの妥協点を見つけておかないと、今後もまた同じようなことで喧嘩することになってしまうからです。

ただし、感情的にならないように気をつけましょう。感情的に言葉をぶつけ合っていては、また喧嘩になってしまいます。あくまでも冷静に、お互いの考えを伝え合うようにしましょう。

その3.いつも通りにふるまう

image by iStockphoto

ささいなことが原因で、売り言葉に買い言葉のような喧嘩をしてしまった場合は、「なんで喧嘩になったんだっけ」と原因すら思い出せないことがあります。

そんな喧嘩は、いつまでも引きずっていても仕方がありません。お互い「言い過ぎちゃったな」と思っているかもしれませんし、ひとまず何もなかったかのように、いつも通りにふるまってみましょう。彼も、いつもどおりのあなたを見てホッとするはずです。

その4.すこし距離を置く

あまりにもヒートアップしすぎて激しい喧嘩になってしまった場合は、すこし距離を置いてお互いが冷静になる時間が必要です。そのまま話し合っても悪い方向へ向かう可能性が高いので、ちょっとクールダウンしましょう。

すこし距離を置くことで、自分のことも相手のこともよく見えてきます。何が悪かったのか冷静に考えて、自分に否があったと思える部分については素直に謝ることが大切です。

その5.甘えてみる

これはちょっと高度なテクですが、彼が素直になれないタイプの場合は、あなたのほうから甘えてみることで仲直りできることもあります。彼を立てつつ、仲直りのきっかけをあげるという感じですね。

ただ、彼が本気でイラついている場合は神経を逆なでしてしまう可能性があります。彼の性格や、喧嘩のシリアス度にもよるので判断が難しいところですが、ここぞというときに使ってみてください。

彼氏と喧嘩したときのNG行動5選

image by iStockphoto

彼氏と喧嘩してしまって、仲直りしたいと思っているのに、気づいたらますます怒らせてしまっていた…そんな経験はありませんか?ここでは彼氏の神経を逆なでするようなNG行動について、5つご紹介します。

特集はじめての電話占いにおすすめのサイト、ヘビーユーザーが実際に検証
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: