人生の悩み恋愛

熟年不倫 が増え続ける5つの原因とは?熟年不倫の特徴や解決策まで恋愛マスターの筆者が解説

熟年不倫とは、主に40代を過ぎて、子育てが落ち着き、第二の人生を考え始める時期の夫婦に起こり得る不倫の事です。最近「熟年不倫」「熟年離婚」と言う言葉が取り沙汰されている事でもわかるように、熟年者の不倫や離婚は増え続けています。近年多く見られる例として、女性の不倫が目立つようになってきました。それは、時代の流れで、どこにいても遠くの人と簡単に繋がることができるので、不倫しやすい環境が整っているからと言えるでしょう。そこで今回は、熟年不倫が増え続ける5つの原因から、熟年不倫の特徴や解決策まで、恋愛マスターの筆者が解説していきます。
特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザーが徹底調査!電話占い3サイトを使ってみた結果…
記事を読む

熟年不倫の原因5選

image by iStockphoto

熟年離婚が増え続けている大きな原因の1つが「熟年不倫」の増加です。何故これほどまでに、中高年の不倫が急増しているのでしょう。安定した生活を壊してまで不倫にのめり込む原因はどのようなものなのでしょうか。

その1:時間とお金に余裕ができたから

不倫をするには、思っている以上に時間とお金がかかります。不倫相手と、自宅で会うわけにはいきません。時間をかけて不倫相手に会いに行き、ホテル代や食事代もかかります。しかし、中高年は、時間にもお金にも余裕があるため、不倫しやすい環境が整っていると言えるでしょう。子供にかかっていた教育費もなくなり、収入面でもかなり安定している時期なのです。そんな環境が、熟年者の不倫に拍車をかけています。

その2:夫婦関係にうんざりしている

image by iStockphoto

長年の生活で、積もりに積もった不満が行き場を失い、相手の行動や言動全てが耐えられないほどのストレスになっている人もいるでしょう。不倫しようと思っていたわけではなくても、既に気持ちの面で夫婦関係は破綻しているので、優しく接してくれる異性との出会いがあれば、あっという間に不倫の世界へ足を踏み入れても、不思議ではありません。

その3:子供が自立した寂しさを埋めるため

今までは、子供の成長や将来のために、無我夢中で頑張ってきましたが、子どもの自立によって、自分自身の心を支えだったものが消え、寂しさを埋めるために、熟年不倫へと走る人も少なくありません。家事や育児に追われている時は、そこで自分の存在価値を見出していましたが、それが無くなってしまい、新たな異性で心の隙間を埋めようとします。

その4:いつまでも刺激が欲しい

年齢を重ねても、刺激を求める人は少なくありません。特に女性は、年齢を重ねるごとに、女性ホルモンが減少していき、男性ホルモンが増えていくため、中高年になってから性欲に目覚める人も多いのです。夫とは既に恋愛感情から「家族愛」に変化しており、他の異性に目が行ってしまいます。多忙だった育児、子育てから解放され「女性」として見られたいという気持ちが生まれる時期になるのです。

その5:家に居るのが苦痛

中高年層になってくると、夫が定年退職する時期になります。今までは、夫が仕事に行っている時間に、自分のペースで家事をしたり、買い物や食事をし、時に友人たちとランチに行ったりという生活を送っていましたが、夫の退職によって、自分のペースが大きく乱れ、ストレスを抱える主婦が大勢いるのです。

1日中家で夫と顔を合わせることが苦痛になり、何らかの理由を見付けて、外出することが増えてきます。夫への不満も重なり、そこから新たな出会いを求めてしまう主婦が少なくないのです。

熟年不倫の特徴とは

熟年不倫には、若い頃の不倫とは違う、様々な特徴があります。その特徴が、熟年不倫の増加の原因となっているのです。1度中高年が不倫してしまうと、辞めるきっかけを見失ってしまいます。それは一体どのようなものなのでしょうか。

特集はじめての電話占いにおすすめのサイト、ヘビーユーザーが実際に検証
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: