スピリチュアル見えない力

青のオーラの意味とは?10個の性格の特徴・恋愛・お金・仕事・相性などヒーリング経験のある筆者が解説

人間の持つエネルギーは、様々な色がありオーラと呼ばれています。オーラが満たされていれば、その人に輝きが出ます。しかしオーラが滞っていると、その人に不調が現れるのです。人それぞれ違う色を持つオーラは、人との波長にも関係します。

それでは青のオーラはどんな意味を持つのか、10個の性格の特徴・恋愛・お金・仕事・相性などに触れながらヒーリング経験のある筆者が解説します。
特集【実際に検証】電話占い3サイト、占い好きライターが自腹で電話してみた
記事を読む

青のオーラの意味とは?

image by iStockphoto

青は母なる海や、広大な空の色です。また、心を静める効果があります。

そんな青のイメージのように、青のオーラは愛情深さと冷静な2つの面を持ち合わせているのです。広く大きい慈愛と、平和を意味します。

空の色であることから「天とつながる神聖な色」とされており、浄化作用も持っている色なのです。

青のオーラを持つ人の性格の特徴10個

青のオーラの人は、どんな性格なのでしょうか?青の色の持つ意味を考えながら、特徴をみてみましょう。

その1:冷静

感情的にならない、冷静な心を持っています。青のオーラの人は、落ち着いた人が多いようです。

怒り・不安・疲れといったマイナスの感情を、態度で表に出しません。また周りの人だけでなく、自分のことも冷静に見るとができるのです。

その2:献身的で世話好き

image by iStockphoto

冷静な面もありますが、愛情深い青なのです。それは母なる海のように、母性が強いからなのでしょう。

人の世話をし支えとなることに、喜びを感じ青のエネルギーを高めます。家族・恋人・友人など自分の大切な人に、献身的に尽くすでしょう。

また自分を助けてくれた人に対しても、恩を忘れず情が厚い人が多いのです。

その3:平和主義者

もめ事や争い事が嫌いな、平和主義者です。人と争うのではなく、自分から身を引いて解決しようとします。

ただし平和主義者といっても、誰にでも心を開くのではなく苦手な人とは距離を置く傾向があるようです。

 

その4:知性が高い

image by iStockphoto

知的で探求心の高い、青のオーラなのです。

興味を持つと集中力を発揮し、努力して自分を向上させることができます。勉強家な人が多いようです。

その5:洞察力に優れている

青のオーラの人は、優れた洞察力を持っています。物事を冷静に、捉えることができるからです。

視野も広く、周りの人や雰囲気を客観的に洞察します。些細なことにもよく気づき、困っている人を察して助けることができるのです。

特集はじめての電話占いにおすすめのサイト、ヘビーユーザーが実際に検証
記事を読む
次のページを読む
1 2 3 4
Share: