おまじないスピリチュアル見えない力

愛猫が戻ってこない時に使える”帰ってくる”おまじない6選!スピリチュアル好きの筆者が大解説!

うちの愛猫が遊びに出てから戻らない…!猫を飼っているほとんどの人が、1度は経験したことがあるのではないでしょうか。毎日外に遊びに出ている猫ならまだしも、一度も外に出たことのない猫が、好奇心で外に出てしまった時は不安でたまりませんよね。ここでは、その愛猫ちゃんがあなたの元へと帰ってくるおまじないを、スピリチュアル好きの筆者が6選ご紹介します。何もせずに待つのは耐えられないというご主人様は、是非おまじないを行いながら愛猫ちゃんの帰宅を待ちましょう。
緊急特集急げ!「ガチ霊能師が選んだ天然石」が12時間で6割完売
記事を読む

#1 百人一首効果で愛猫帰宅!

image by iStockphoto

百人一首第16番の歌に「たち別れ・いなばの山の・峰に生ふる・まつとし聞かば・今帰り来む」という中納言行平が詠んだ歌があります。訳すると「お別れをして、因幡の国へ行く私ですが、因幡の稲羽山の峰に生えている松の木のように、私の帰りを待つと聞いたなら、すぐに戻ってまいりましょう。」という意味。中納言行平は、生前の850年代に過失を犯して一時期須磨に流されていたといわれています。都を離れ須磨へ行く前に詠んだ、都への絶ちがたい思慕を表した歌です。別れの歌ではありますが、その思慕から時を経て、帰還を願うおまじないへと変わった不思議な力を秘めた歌といえます。

この百人一首を自宅に貼ると、愛猫が帰宅するおまじないとなるのですが、このおまじないにはいくつか方法があるので、その方法を詳しくご紹介していきますね。

百人一首を利用した方法

中納言行平の歌を使用するおまじないの方法は全部で4つ。一つめは、この百人一首を書いた紙を、玄関や愛猫の出入り口の前に貼ります。そして、同じ場所に愛猫が使用していた食器を伏せて置いておくというもの。二つめは、上の句と下の句を時間差で書くというものです。まず上の句だけを書き、愛猫が無事に帰還したら下の句を上の句に書き足し、燃やします。三つめは、中納言行平の句を半紙に書き、家の東側に貼る。四つめは、中納言行平の句を書いた紙を、玄関の人目につかない場所に貼る、です。

愛猫が帰ってこない場合は、この中から自宅でできそうな方法を見つけておまじないを行ってみてください

<百人一首を利用したおまじない方法一覧>

1:玄関や愛猫の入り口前に歌を書いた紙を貼り、その前に食器を伏せて置く
2:上の句と下の句を時間差で書く
3:歌を半紙に書き、家の東側に貼る
4:歌を書いた紙を、玄関の人目のつかない場所に貼る

#2 抜け毛と四つ葉のクローバー

image by iStockphoto

猫を飼っている家になら、どこかに絶対1本はある抜け毛。居なくなった愛猫の抜け毛1本と四つ葉のクローバーを利用したおまじないも、猫が帰ってくるおまじないとして効果絶大ですよ。準備するのものは、愛猫の抜け毛1本と四つ葉のクローバーですが、本物の四つ葉のクローバーがなければ、写真やイラストを切り抜いたものでもOK

愛猫の抜け毛と一緒に四つ葉のクローバーを透明の袋に入れます。その袋を持って、自宅から半径3km以内を歩いてください。半径3kmは一般的な猫の行動範囲といわれています。その範囲を歩くことでおまじないをかけて歩くことになりますよ。オスの猫であれば、行動範囲がもっと広い場合があるので、愛猫の行動範囲に合わせて歩く範囲を広げるようにしましょう。

#3 ミラグロの奇跡で愛猫を探す

ミラグロ(Milagro)とは、スペイン語で「奇跡」というお守。その名の通り、奇跡を運んでくれるお守りとしてメキシコではポピュラーなお守りです。ほとんどか1~2cmのサイズで、小さなチャームといった方がよいかもしれません。一口にミラグロといっても、様々な種類が存在します。愛猫の帰宅を願うおまじないに使用するのは、ミラグロの中でも、女性の横顔や目のモチーフといった、「幸運」という意味をもったものがおすすめですよ。

ミラグロが準備できたら、両手でミラグロを包み込みます。愛猫が帰ってくるために助けが欲しいと念じて、あなたの選んだミラグロの精霊に願いを託しましょう。おまじないはこれで完了です。ミラグロはお守りの形によって様々な奇跡を起こしてくれるお守りといわれています。近いうちにミラグロの奇跡で、愛猫が帰ってくるでしょう。

#4 困った時の神頼み

image by iStockphoto

愛猫が帰ってこなくなって困った時には、神様にお願いをしてみるも一種のおまじないとしておすすめです。別名を「猫返し神社」ともいわれているのが、東京都立川市にある阿豆佐味天(あずさみてん)神社の境内社である蚕影神社(こかげじんじゃ)。古く日本で盛んだった蚕の養殖の天敵である鼠を退治してくれる存在である、猫を守り神としています。ジャズピアニストとして有名な山下洋輔さんが、愛猫が帰ってくるように絵馬を奉納し祈願したところ、無事に愛猫が帰ってきた実話から、猫返し神社として親しまれるようになっていますよ。

愛猫が帰ってこなくなった場合、近場の人は参拝してみてくださいね。遠方で足を直接運べなくとも、郵送で絵馬祈願の対応もしておられるので、一度問い合わせてみるのがよいでしょう。まさに、困った時の神頼みです。

<阿豆佐味天神社詳細情報>

住所:〒190-1212 東京都西多摩郡瑞穂町殿ヶ谷宮前1008
電話番号:042-557-0493

緊急特集話題の「霊が視える姉」が選んだ天然石が買えるサイトって?
記事を読む
次のページを読む
1 2
Share: