スピリチュアル見えない力

赤いオーラの意味とは?5つの性格的特徴・恋愛・相性・気を付けることなどスピリチュアル大好きな筆者が紹介します!

あなたが赤色のオーラの持ち主であれば、どのような意味合いがあるのかご存知でしょうか。自分の色を鑑定することで本当の性格や特徴が見えてきます。ここではオーラが赤い人の意味や恋愛などに対して、どのようなものがあるのかを詳しくご紹介♪

意外と知らなかった自分が見つかるかもしれませんよ。今後のライフスタイルにも役立つので参考にしてくださいね。また赤いオーラの人と相性の良いオーラも識別。ここでは赤いオーラの人を応援するためにスピリチュアルが大好きな筆者が解説します!
特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザーが徹底調査!電話占い3サイトを使ってみた結果…
記事を読む

オーラが赤い人の性格や特徴5選

image by iStockphoto

最初にオーラが赤い人の性格や特徴を5つ紹介します。あなたが赤いオーラであれば、本来の性格や特徴と照らし合わせてみてください。本当の自分を知ることで、今後において人生の身の振り方など変わってくるかもしれませんよ。

その1.コミュニケーション能力に長けている

オーラが赤い人は持ち前の明るさで、コミニケーション能力がとても高いです。誰に対しても隔たりなく接するので、周囲もあなたのことを好きな人が多いでしょう。感情をうまくコントロールでき、空気が読めるので周囲にうまく溶け込みます。

そのためよく人から大切な相談を持ちかけられることも多いはず。それほど赤いオーラの人はみんなから信頼されるタイプなのです。自分の意見をはっきり相手に伝え、自分を味方につけることもできますよ。いつの間にか赤いオーラの人の周りには、常に多くの人が集まっているでしょう。

その2.リーダーシップ

赤いオーラの人は周囲を引っ張る力が強いです。行動力があり相手の気持ちを考えながら話すので、カリスマ性に近いものがあります。常にエネルギッシュで疲れを知らないタイプと言えるでしょう。好奇心旺盛で何事にもチャレンジし続ける人です。

また負けず嫌いなので、常にナンバーワンを狙っているはず。信頼できるタイプなので、いつの間にかリーダーになっていたと言うこともあるでしょう。リーダーになった暁には、周りを誰1人傷つけないという精神の強さもあります。

その3.情熱的

image by iStockphoto

赤いオーラの人はとても感情豊かな持ち主で、情熱的です。何をするにおいても常に一生懸命取り組み、最後までやり抜く力を持っています。実力以上のものを発揮できるので、何かと人からおねがいされることがあるかもしれません。

また飽き性でもなく、いつまでも情熱が続くタイプでしょう。一度趣味にハマったらプロの域に達するまで行き着きます。情熱的というのは、赤いオーラの人の性質が一番出ている部分ではないでしょうか。

その4.お節介焼き

情に厚い人なので何かと人に対してお節介を焼くところがあります。お節介焼きと言う言葉はあまり良い意味に使いませんが、赤いオーラの人であればまた意味が変わってきますよ。

困っている人を見かけたら、自分を顧みず相手を助けようとします。大切な相手には自分のこと以上に考え、親切に接してくれるでしょう。一度人を信用すると裏切ることはありません。たとえ相手に裏切られたとしても、許してあげられる懐の深さがあります。

その5.正義感が強い

曲がったことが嫌いで、一つでも間違いがあれば正していくタイプです。人に対しても同じで、道を踏み外そうな人が身近にいれば、体を張って正していくでしょう。ですが行すぎるところもあり、自分の考えを相手に共有しようとする一面も。

そうなってしまうと相手から迷惑がられてしまうので気をつけてくださいね。正義感の強さが良い方向へ向かえば、とても頼もしい人になるでしょう。また赤色のオーラを持つ人は、経験値が高くいろいろな知識が備わっており、人に教えるような仕事に就いている人も多いですよ。

赤いオーラの人の恋愛観

image by iStockphoto

赤いオーラの人は情熱的な恋愛をします。見た目はロマンチストっぽく無いのですが、中身はとても繊細でサプライズが大好きな人です。一度人を好きになると衝動が抑えられず、すぐに告白してしまうことも。これは女性でも男性にも言えることです。

赤いオーラの人は相手に振り向いてもらえるように努力し、成功を掴み取ります。もともとモテるタイプですが、自分が好きになった相手でないと付き合いたいと思わないでしょう。結婚しても相手を大事にし、長く続くように努力する人です。そのため将来共に添い遂げるような結婚生活を送ります。

特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザー、電話占い3サイトに実際に電話して徹底検証!
記事を読む
次のページを読む
1 2
Share: