スピリチュアル見えない力

スピリチュアル的なあげまんタイプの特徴5選!さげまんの特徴も…男性を幸運に導く女神様的存在になる方法をあげまんな筆者が解説!

あげまんはもう誰もが知っている言葉ですが、あなたは自分があげまんかさげまんタイプか分かりますか?なぜか付き合った男性がどんどん出世したり、運がよくなったりするのは典型的なあげまんでしょう。今回はスピリチュアルな観点から見て、男性を幸運に導く女神様のようなあげまん女性の特徴を紹介します。

ここではさげまんの人の特徴も紹介しているので、どのような人か参考にしてくださいね。あげまん体質になってパートナーを幸せにするためにも、実際にあげまん体質でスピリチュアルが好きな筆者が解説します。
特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザーが徹底調査!電話占い3サイトを使ってみた結果…
記事を読む

スピリチュアル的あげまんとは

image by iStockphoto

あげまんとはパートナーを幸せに導く女性のことでです。スピリチュアルな観点から見ると、あげまんと付き合うだけでパートナーの運が良くなります。ですが中には相手に運を与えすぎて、自分の運が下がってしまう人も。自分を犠牲にするタイプのあげまんもいますよ。

またパートナーがあげまん女性のおかげで運が良くなったのに勘違いをしてしまい、あげまん女性を振った途端にどん底になってしまった例もあります。あげまんでも色々なタイプの女性がいるので、チェックしてみるのも楽しいですよ。もともとあげまんの人はスピリチュアルなメッセージを受けやすい体質でもあります。

スピリチュアル的あげまん女性の特徴5選

image by iStockphoto

あげまんの特徴を知ることで、自己分析がしやすくなります。自分があげまんかさげまんかでパートナーの幸運が決まるのです。果たしてあなたはあげまんタイプなのでしょうか。早速スピリチュアルな観点からあげまんの特徴を見ていきましょう。

その1.優しい顔立ちをしている

あげまんは多くの人が優しい顔立ちをしています。輪郭もふっくらしていて、顔相がとても良いのです。眉毛の形も美しいアーチで整っており、まるで大仏さんのような穏やかな顔立ち。口もとはいつも口角が上がっていて、笑顔の人が多いです。

見るからに幸せな顔相が出ていて、周囲を暖かく包み込んでくれるようなオーラが出ています。一緒にいてどこか安心感のあるような雰囲気の人ですよ。目もとは大きく、黒目がちな人というのもあげまんの特徴です。

その2.家系が裕福

先祖代々から家系が裕福な女性はあげまんであることが多いです。もともとDNAで備わっている能力もあり、スピリチュアルな力も手伝ってあげまん体質になります。このようなタイプは生まれる前からすでに運命は決まっていて、あげまんになることが分かっているのです。

また土地にもパワーがあり、住んでいるところが昔大金持ちの人がいたのであれば、あげまんパワーをもらっているのかもしれません。土地や家系を一度調べてみるのも良さそうですね。

その3.おねだり上手

あげまんの人の共通点におねだり上手というのがあります。よくいえば「おねだり」で悪くいえば「わがまま」とでも言いましょうか。このタイプは同性や仕事仲間にも自然とおねだりができるタイプ。

おねだりされた相手は期待に添えるように頑張ってしまうのです。女性の武器を上手に使えるのに嫌味がないので、とても人気ものでしょう。人間の心を上手に掴み、自然とコントロールする力を持っています。このタイプもスピリチュアルな力がもともと備わっているタイプですよ。

その4.褒め上手

人間のモチベーションを上げるのが上手で、優しく鞭を打つタイプです。あげまんの人は飴と鞭の使い方が上手く、頑張ろうという気持ちにさせます。相手が褒めて欲しいと感じていることを察知して、絶妙なタイミングで褒めるでしょう。

空気を読むのが得意で、あえて場の雰囲気を壊して良い方向に向けることもできます。どちらかというと自由奔放で、行動力のある人が多いでしょう。褒められて伸びるタイプと、負けず嫌いなタイプを瞬時に見極められます。

その5.あげまん線がある

手相には「あげまん線」があるのをご存知でしょうか。あげまん線は右手の感情線が三叉になっています。これがあるとあげまん女性だと言われていますよ。右手ではなく左手にある人は、生まれる前からあげまんだと決まっていた人です。人の気持ちを汲み取るのが天才的でしょう。

このタイプはまさにあげまんの天才と言って良いでしょう。右にある人は後天的に自立してから獲得した知恵であげまんになった人です。両方あげまん線がある人は、幸運体質でスピリチュアルなパワーを感じられる人ですよ。

特集【辛口レビューあり】電話占いヘビーユーザー、電話占い3サイトに実際に電話して徹底検証!
記事を読む
次のページを読む
1 2 3
Share: